天衣無縫

天衣無縫

 

作品一覧を見る

 

"1993年春。私たちは、当時まだあまり知られてなかったオーガニックコットンを原料に、日本でオーガニック製品の製造・販売をはじめました。"

 

"ブランド名は「天衣無縫」。
天女の衣には縫い目がないことから転じ「詩歌などに細工やわざとらしさがなく、自然に美しくつくられていること」を意味する言葉です。
その名のとおり、目指したのは「自然を生かした、ここちよく美しい」製品づくりです。"

 

古い歴史を持つ天衣無縫さん。その歴史の始まりは1941年(昭和16年)にも遡ります。
オーガニックコットンという自然の素材を使いながら、非常に洗練された商品がラインナップされています。
その受ける印象はまさに、「自然を生かした、ここちよく美しい」です。

 

"ブランドコンセプトを支えているのは、原料生産から最終製品までを一貫して管理する体制です。"

 

"天衣無縫のものづくりは、まずオーガニック農場や紡績工場の現場に足を運ぶところからはじまります。
それは原料の品質を自らの目と手で確かめ、よりよい素材を選ぶためです。"

 

自然のものを使い、ともすれば機械的になってしまいがちな工程に人が関わる。
古い歴史を持ち、様々なノウハウ、技術を得ながらも、ものづくりという視点を失うことなく数多くの方に心地よい『体験』を届けられています。

 

またその一方で、不変さを持ちながら今を感じる商品は、気軽に手に取りやすく、お手持ちの服や住まいに馴染み、そして何よりも末永く使っていただけることかと思います。


沿革
1941年(昭和16年):
京都にて絞り染め問屋「藤宗商店」開業
1943年(昭和18年):
「新会社解散令」により「藤宗商店」解散。
1950年(昭和26年):
有限会社藤澤商店設立
1962年(昭和37年):
株式会社新藤(シンフジ)設立。和装小物卸業として事業展開。
1985年(昭和60年):
タオル製品卸業に業種転換
1993年(平成5年):
オーガニックコットン製品製造卸業に業態転換
1996年(平成8年):
オーガニックコットン リネン ウール「天衣無縫」1号店開店
2000年(平成12年):
天衣無縫横浜高島屋店、天衣無縫港南台高島屋店開店
2004年(平成16年):
天衣無縫日本橋高島屋店、天衣無縫玉川店開店
2009年(平成21年):
オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)認証取得