机上工芸舎-湯浅記央-

机上工芸舎
-湯浅記央-

 

作品一覧を見る

 

"銅、真鍮、洋白、錫等の金属を中心に日常使いのできるカトラリー、プレート等の道具を中心に制作しています。"

 

千葉県で、金工を主に制作されている机上工芸舎の湯浅記央さん。

 

まずなによりも、とても丁寧な作りだと強く感じる作品です。

食卓ではなく、カトラリーのその作品だけで見ても十分な存在感があり、手仕事の風合いもあるので、手に持った時の満足感があります。

一方で、あえてラフな作りの花器や、可愛らしい動物をモチーフとしたブローチ、葉の芽が生えたお皿などなど、、

 

どのような作品でも、根本には使う方の事を考え抜いて作られた丁寧なモノ作りという姿勢がかいま見えるような気がします。

 

"金属の持つ時間とともに変化する独特の表情や色合いを活かしながら、テーブルの上にストーリーを生み出してくれる楽しい道具になるようデザインしています。"

 

使われることによって、よりその魅力を増して行く湯浅さんの作品は、使われる方の日々の使い方によってどのような風合いにもなると思いますが、それはどのような形でも、とても魅力的なものであると思います。

 


- 略歴 -
1983年:
千葉県船橋市生まれ
2010年:
上山市十日町に「アトリエ SOU」を設立
2014年:
工房を千葉県船橋市へ移転し、アトリエ机上工芸舎を設立
- 展示 -
2006年:
あかりと素材から(東京 青山スパイラルガーデン)
2009年:
日本クラフト展(丸ビルホール)
2013年:
「不思議アート展」(東京タワー)
2015年:
机上工芸舎の器展(新宿高島屋)
2015年:
TOKYO工芸展(青山 ギャラリー敬)
2016年:
初春を祝う手仕事展(伊勢丹浦和店)
他多数

 

コラムを見る