石井宏治

石井宏治

作品一覧を見る

千葉県で制作をされている石井さん。

その作品の印象は、無垢とも、無邪気とも言えるような雰囲気があります。

もちろんその雰囲気というのは、確かな作りの上での事なのですが、使う方の事を考え、木という素材と対話をしながら木を削る。

そこには苦悩や不安など、長い間制作をされていく中で、もしかしたらそういった感情も顔を見せるのかもしれません。
ですが、自分が石井さんの作品の根底にあるのは、楽しさであると自分は思います。

ベビースプーンやベビーボウルと言った作品もあり、そこには使う方への愛をとても強く感じます。

"暮らしの中にあると心地よく感じられるようなものを制作したいと考えており、
手触りや使い心地、雰囲気など確かめながら手を動かしています。"

生活にそのまま馴染むような雰囲気を持つ石井さんの作品は、使い方次第で美しい経年変化も楽しめます。
是非手にとっていただきたい作家さんです。


- 経歴 -
1986年
千葉県市川市出身
2011年:
木工を学び始める
2014年:
長沼泰樹氏とともに「木工 ふたり組」として活動開始