ものあい

ものあい

 

作品一覧を見る

 

ものあいさんは、有限会社相澤染工場で相澤択哉さんがデザインから制作を行っています。

 

丁寧に一つ一つ藍染めされた作品は、古くからの手仕事の良さを感じると同時に、今現在にも気持よく使えるような配慮を強く感じます。

 

また、ハンカチ等に施された美しい模様は、型染という気が遠くなるほどの手間によって作られています。

 

丁寧で美しく、でもラフで使いやすく、使うほどに風合いが増して、自分のモノになっていく。

 

相澤さんにお会いして制作現場を見せていただいた時も、社員さん含めまさに、誠実なモノ作り。という言葉がしっくりきました。

 

ものあいさんの作られる作品は、そんな魅力がある作品ばかりです。

 

"ものあい(mono-ai)は、
物−藍 : 伝統的な藍染と型染の技法で、
物−間 : 暮らしになじむ色形を思い描き、
mono−藍 :
一つ一つ手作業で制作しています。"

 

ぜひ手にとって見ていただければと思います。


略歴
1906年(明治39年):
藍染めの裏地(正花木綿)、藍染め注染を始める。
その後、はんてんへと移行。
戦争(疎開)で亀戸(江東区)から新小岩(葛飾区)へ。
昭和30年代後半に埼玉県八潮市へ移り現在に至る。

 

コラムを見る