かなや刷子

かなや刷子(ブラシ)

作品一覧を見る

知る人ぞ知る、馬毛と豚毛の歯ブラシが人気のかなや刷子(ブラシ)さん。
その他にもボディブラシや孫の手ブラシ、職人さん御用達のペンキ刷子等をつくられています。

ブラシの毛先は、しなやかでとても使いやすく、ある程度使い込むと馴染んでくる良さもあります。

歯ブラシなどは、一見そっけないデザインですが、愚直に磨きやすさを追求していて磨き上がりは非常に良く、痛めることなく歯茎も磨くことができます。

ボディブラシなどの持ち手の部分は天然木が使われ、おしゃれな雰囲気と高級感を持ち合わせます。

大正時代から変わることなく良い物を作り続けられているかなやブラシさんの商品は、毎日使うものが多いので、よりその良さを身近に感じられるかと思います。


略歴
大正3年に東京市浅草区聖天町51番地に大内刷子店として創業。
主として塗装用工業用の刷子、ブラシを製造。
その後、社名は金屋産業社を経て本社はカナヤブラシ産業となる。